拡大鏡を使った精密な治療への取り組み、マイクロスコープも完備

治療後の再発を抑えるために、当院では拡大鏡やマイクロスコープを使ってできるだけ精密な治療を提供できるように取り組んでいます。

精密な治療への取り組み

「治療した部分はできるだけ長持ちしてほしい」

それは患者さんのみならず、私たち歯科医師も同じ気持ちです。少しでも長持ちさせるためには、たとえばむし歯ならむし歯菌を残らず削り取るといった、精密な治療が欠かせません。そのため、当院では取り残しがないよう必ず拡大鏡を使用し、患部の細部を確認しながら治療を進めています。

また、根管治療などより仔細に患部を見る必要がある場合は、マイクロスコープを使用します。一般歯科治療だけでなく、インプラントや審美治療にも活用できるマイクロスコープを使用することで、お口の状況を正確に把握できます。

精密治療を当院のスタンダードに

拡大鏡歯科技工士が技工物を作る際、必ず10倍の拡大鏡を使用します。技工物を作るときでさえ肉眼では限界があるわけですから、患者さんのお口の中を直接治療するときに拡大鏡を使うのは当然のことだと当院では考えています。

拡大鏡を使えば歯科医師の手も自然と細かく動くようになり、より一層精度が高まります。今後はメンテナンスを行う歯科衛生士も拡大鏡をつけるなど、"精密治療"が当院のスタンダードとなるように取り組んでいきます。

精密なだけでなく、動画を使って現状を把握

マイクロスコープマイクロスコープとは、肉眼では確認できない歯の表面の凹凸や、歯の根管まで確認できる顕微鏡のことです。マイクロスコープを使うことで、拡大鏡以上により精密な診断や治療ができます。また、映像をモニターに写して患者さんに見ていただくことができるのも特徴のひとつです。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください