静脈内鎮静法も可能、歯医者が苦手な方も安心

歯科医院が苦手という方の最大の理由は「痛み」への恐怖と緊張ではないでしょうか。そのような方に、少しでもリラックスして快適に治療をお受けいただくため、当院では最大限の努力をしています。

痛みを抑えた治療

痛みの少ない治療を行うために「麻酔」は欠かせません。しかし、その麻酔のための注射が苦手という方もいらっしゃいます。当院では表面麻酔や極細の針を使い、麻酔注射の痛みをできるだけ抑える工夫をしています。

また、少しでもリラックスして治療に望んでいただけるようカウンセリングの時間をたっぷり取り、待合室もゆったりしたつくりにしています。歯科医院が苦手な方も、ぜひ一度来院ください。

痛みを抑える麻酔メニュー

表面麻酔麻酔メニュー
治療前には麻酔をしますが、麻酔針が注入する際の「チクリ」とした痛みが嫌い、という方もいらっしゃいます。表面麻酔は塗り薬やスプレー状の薬を患部に直接付ける麻酔方法で、いわば「麻酔のための麻酔」です。表面麻酔をすることで、注射器を使った麻酔時にほとんど痛みを感じずに済みます。

電動麻酔麻酔メニュー
麻酔注射は針の痛み以外にも、麻酔薬を注入するときに圧力がかかることで痛みを感じてしまうこともあります。そこで当院では電動麻酔という装置を導入し、ゆっくりと麻酔薬を注入していきます。注入速度をコンピューターで制御する電動麻酔器を使えば、余計な圧力をかけずに痛みや不快感を最小限に抑えることができます。

33ゲージの細い針麻酔メニュー
麻酔針は31ゲージ(0.3mm)のものが主流ですが、麻酔時に使用する針は細ければ細いほど痛みを感じにくくなります。そのため、当院では最も細いとされている33ゲージ(0.26mm)の針を使用しています。

歯科恐怖症の方には「静脈内鎮静法」も行います

静脈内鎮静法どうしても治療が怖いという患者さんには、静脈内鎮静法という特殊な麻酔方法をおすすめしています。静脈内鎮静法とは、薬剤を静脈に直接注入する麻酔法です。点滴で薬を投与し始めると、1~2分で眠くなってきます。そのため、治療の際の痛みや音などが気になりません。ただ、施術後しばらくは眠気やふらつきがありますので、車の運転などはお控えください。
※静脈内鎮静法は自費診療となります。

<静脈内鎮静法の特徴>
●気分が落ち着いてリラックスできる
●健忘効果で、治療中のことを覚えていられない
●治療時間が短く感じられる
●嘔吐反射が強い方でも、吐き気を抑えて治療できる

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください