精密治療を当院のスタンダードに

拡大鏡歯科技工士が技工物を作る際、必ず10倍の拡大鏡を使用します。技工物を作るときでさえ肉眼では限界があるわけですから、患者さんのお口の中を直接治療するときに拡大鏡を使うのは当然のことだと当院では考えています。

拡大鏡を使えば歯科医師の手も自然と細かく動くようになり、より一層精度が高まります。今後はメンテナンスを行う歯科衛生士も拡大鏡をつけるなど、"精密治療"が当院のスタンダードとなるように取り組んでいきます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください