歯科恐怖症の方には「静脈内鎮静法」も行います

静脈内鎮静法どうしても治療が怖いという患者さんには、静脈内鎮静法という特殊な麻酔方法をおすすめしています。静脈内鎮静法とは、薬剤を静脈に直接注入する麻酔法です。点滴で薬を投与し始めると、1~2分で眠くなってきます。そのため、治療の際の痛みや音などが気になりません。ただ、施術後しばらくは眠気やふらつきがありますので、車の運転などはお控えください。
※静脈内鎮静法は自費診療となります。

<静脈内鎮静法の特徴>
●気分が落ち着いてリラックスできる
●健忘効果で、治療中のことを覚えていられない
●治療時間が短く感じられる
●嘔吐反射が強い方でも、吐き気を抑えて治療できる

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください