入れ歯

お話をじっくり伺い、ご要望に沿う丈夫で長持ちする入れ歯をご提案します。新規製作のみならず、他院で製作された入れ歯の修理・調整にも対応します。

入れ歯

「入れ歯が外れやすいので、大きく口を開けられない」
「しっかりと噛めないので食事が楽しめない」

など、入れ歯に関するお悩みを抱えている方はいませんか?「入れ歯とはそういうものだ」と諦めず、ぜひご相談ください。

入れ歯は、噛み合わせを重視して製作すれば、保険内でもお口にぴったりと合い、しっかりと噛めるものが作れます。当院では保険の入れ歯を中心に、患者さんに合わせた各種入れ歯をご提案しています。「インプラントには踏み切れないけど、できるだけ噛み心地の良い入れ歯を作りたい」そんなご要望にもお応えします。

当院のおもな入れ歯メニュー

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーとは、金具(バネ)がない部分入れ歯のことです。金具がないため目立たず、金属アレルギーの心配もありません。また、弾性と強度があるので装着感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。

<ノンクラスプデンチャーのメリット>
・装着しても目立たない
・違和感が少ない
・壊れにくい
・掃除がしやすく衛生的

<ノンクラスプデンチャーのデメリット>
・素材が長持ちしない

金属床金属床
金属床義歯とは、義歯の粘膜に接する部分を金属にしたものです。薄く作れるので違和感が少なく、発音もしやすいのが特徴です。また、熱伝導性が高いため食べ物の温度が伝わりやすく、冷たいもの・温かいものも敏感に感じることができるので美味しく食事ができます。

<金属床のメリット>
・丈夫なため落としても壊れにくい
・プラスチックよりも薄く、違和感が少ない
・金属製なので、食べ物の温度が伝わりやすい

<金属床のデメリット>
・調整がしにくく、壊れたときにも修理しにくい
・口を大きく開けたとき、金属部分が目立つことがある
・金属アレルギーが起こることがある

安定感が抜群の入れ歯【インプラントデンチャー】

インプラントデンチャー一口に入れ歯といってもさまざまな種類があります。最近はインプラントと組み合わせたインプラントデンチャーが、安定性も高く、噛みやすく、ずれにくいということで人気です。また、取り外しも楽にできるので、お手入れも簡単です。

インプラントデンチャーは歯の抜けた部分の顎の骨にチタン製の土台を埋め込んで、そこに入れ歯を装着します。インプラントに入れ歯を安定させるアタッチメントには、プラスチック固定と磁石タイプのものがありますので、お好みのものをお選びください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください