むし歯の進行と治療法

一般的にむし歯の進行状態は「CO~C4」までの5段階に分けられます。むし歯のない人生を送るためにも、むし歯の進行状況を把握し、しっかりとケアや治療を行っていくことが大切です。

むし歯の状態と治療法
Co【CO】
むし歯の初期状態です。まだ歯に穴が開いていない状態ですので、毎日の歯磨きで対処できます。むし歯抑制効果のあるフッ素とキシリトールで、歯を再石灰化させることで改善できます。

Co【C1】
歯の表面のエナメル質が溶けて黒くなった状態ですが、まだ痛みは伴いません。治療方法としては、むし歯部分を最小限削って、レジンという歯科用プラスチックを詰めます。

Co【C2】
歯の表面の下にある象牙質までむし歯が達した状態です。冷たいものや甘いものを食べたときに痛みを感じますが、まだ強い痛みはありません。歯を削って型を取り、でき上がったものを詰める治療を行います。

Co【C3】
むし歯が神経まで達してしまい激痛を伴う状態です。歯根膜に炎症が起きると、歯根膜炎になってしまうこともあります。麻酔を使って歯の神経を抜き、その部分に被せ物をする治療が必要です。

Co【C4】
むし歯を放置し、神経が死んでしまった状態です。神経が死んでいますので痛みがない場合もあります。治療方法としては抜歯となってしまう場合が多く、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯を用います。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください