当院で行うおもな歯周外科

フラップ法歯周病治療
フラップ法とは、歯肉を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根の歯垢や歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージを受けた歯肉などの組織を除去する治療法です。こうすることで歯肉を元の健康な状態に戻します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケット掻爬術とは、歯肉に麻酔をして歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する手術です。スケーラーを用いて歯周ポケット内の炎症組織及び汚染セメント質を取り除きます。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の、比較的軽症の場合に行います。

組織誘導再生療法(GTR法)
歯周組織再生療法の1つで、歯根にメンブレンという特殊な人工膜を入れ、骨や歯周組織を再生させる治療方法です。そうすることで、歯槽骨や歯根膜などの歯周組織が回復するためのスペースを確保できます。

エムドゲイン
スウェーデンのビオラ社で開発された再生材料です。歯周病に侵された歯周ポケット内部の汚れや細菌を取り除いたあと、エムドゲインゲルを注入することで歯周組織を再生させます。1回の治療で効果が現れるのが特徴です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください