歯肉炎と歯周病の治療

歯肉炎歯周病治療
歯肉炎は、歯肉からの出血で自覚することが多い病気です。歯ぐきにのみ炎症が起き始め、歯周ポケットにプラーク(歯垢)が溜まっています。セルフケアとPMTCで完治できます。

軽度歯周病歯周病治療
歯垢が歯石になると、セルフケア(ブラッシング)での除去はできなくなります。歯ぐきの炎症がより強くなり、色が赤みを帯びてきますが、この時点ではまだ痛みなどの自覚症状はほとんどありません。歯周ポケットは3~4mm程度です。

中等度歯周病歯周病治療
歯ぐきの腫れや出血が、自覚できるほどひどくなります。歯周ポケットは4~6mm程度。時々歯が浮いた感じや噛んだときの違和感、痛みがあります。失われた骨が回復することは困難です。

重度歯周病歯周病治療
痛くて噛めない、動揺して噛めないという自覚症状があります。治癒も望めず、骨がなくなるので入れ歯も安定しなくなります。ここまで進んでしまうと完治させるには時間がかかり、とても困難です。歯を保存するために歯周外科手術や再生療法を行いますが、残念ながら抜歯となる場合もあります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください