【当院のインプラント治療の特徴3】骨が少ない方には造骨手術で対応

当院のインプラント治療の特徴歯周病やむし歯などが悪化して歯を抜いてしまうと、顎の骨が薄くなってしまうことがあります。インプラント治療では顎の骨に人工の歯根を埋め込むため、それに耐えられるだけの骨の量が不可欠ですが、当院では造骨手術によって顎の骨を補うことができます。

GBR
骨幅が不足しているときに行う治療法です。まず骨が不足しているところに、骨を作るスペースを確保します。特殊な膜を覆い、その中に骨に代わる素材を詰めていき、骨の幅を増やしていきます。

サイナスリフト
上顎の骨の高さが不足しているときに行う手術です。上顎の奥歯の上方には「上顎洞」(サイナス)という空洞がありますが、この空洞に骨と同じ組成の補填材を填入することで、骨を造ります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください