矯正治療をお勧めする不正咬合

八重歯、ガタガタ(叢生)八重歯、ガタガタ(叢生)
顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪く、歯が正常に並ぶスペースが不足して起こります。歯磨きがしにくく、むし歯や歯周病になりやすくなります。また、時間の経過と共に歯並びがさらに悪くなることがあります。

叢生症例(非抜歯症例)はこちら
叢生症例(小臼歯抜歯症例)はこちら

出っ歯(上顎前突)出っ歯(上顎前突)
上あごの歯が前方に突出した状態です。前歯の角度異常、上顎が成長し過ぎている、下顎の成長不足、指しゃぶりの癖等が原因となります。また、発育過程で鼻に疾患を抱え、口呼吸になっている子どもにも多く見られる症状です。

上顎前突(出っ歯)症例はこちら

受け口(反対咬合)受け口(反対咬合)
下あごの歯が上あごの前歯より前方に出ている状態です。遺伝的な要因もありますが、上唇を噛んだり、舌を突き出す等の癖が原因となっていることもあります。永久歯が生え揃った状態での反対咬合には、矯正以外の治療方法はありません。

反対咬合(受け口)症例はこちら

噛み合わせが深い(過蓋咬合)噛み合わせが深い(過蓋咬合)
噛み合わせたときに上の歯が下の歯を覆うように被さっている状態です。乳歯を早期に喪失したり、むし歯による奥歯の欠損を放置することが原因となります。笑ったときに上顎の歯肉が見えてしまったり、下の前歯が上顎の内側の歯肉を傷つけて炎症を起こすこともあります。

前歯が閉じられない(開咬)前歯が閉じられない(開咬)
上下の歯に隙間ができ正常に噛み合わさっていない状態です。幼少期の指しゃぶり等の癖が原因となります。前歯で食べ物を噛み切ることが難しくなり、咀嚼時の歯の痛みや噛む力が弱くなったりします。発音しづらいため、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。

開咬症例はこちら

すきっ歯(空隙歯列)すきっ歯(空隙歯列)
顎と歯の大きさが合っていない場合や、そもそも生えてきている歯が足りないことが原因となります。歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態なので発音がしにくく、見た目もよくありません。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください