きれい、丈夫、メタルフリーな白い詰め物「E-max」とは

カテゴリ

月別アーカイプ

きれい、丈夫、メタルフリーな白い詰め物「E-max」とは

松陰神社前の歯医者「せたがや歯科室」では、皆様のお役に立てる歯科の情報を歯科医師や歯科衛生がご紹介しています。

こんにちは、せたがや歯科室 院長の吉竹啓介です。

今回は、金属アレルギーを防げるメタルフリーの詰め物「E-max」についてお話します。

 

歯科治療で金属アレルギーに?

 

せたがや歯科室|歯科医師ブログ|きれい、丈夫、メタルフリーな白い詰め物「E-max」とは|銀歯のイメージ画像

歯科治療を受けたことで金属アレルギーになる場合もある、というのはご存知ですか??

銀歯の詰め物や被せ物が原因で金属アレルギーの症状が出る方が、まれにいらっしゃいます。銀歯の材料は合金なので、微量ですが口腔内で溶けます。その金属がずっと口の中にあることで、溶けた金属イオンに感作されて金属アレルギーになるケースがたまにあります。

もちろん銀歯を入れた方全員がアレルギーになるわけではないですし、発症する確率は低いですが、必ずならないとも言い切れません。そのため、海外ではメタルフリー(金属を使わない)による歯科治療が一般的になりつつあります。

 

近年進化を遂げる、白い詰め物

 

せたがや歯科室|歯科医師ブログ|きれい、丈夫、メタルフリーな白い詰め物「E-max」とは|白い歯のイメージ画像

では、金属を使わない白い詰め物や被せ物には、どんなものがあるのでしょう。今回は詰め物をご紹介します。

当院では、銀歯以外の詰め物は下記2種類を扱っています。(いずれも保険適用外)

①セラミック(E-max)
②ジルコニア(セラミック)

「セラミック」とは、お茶碗や湯呑みにも使われる、いわゆる陶器です。セラミックは白くてきれいな歯にできることから、昔から歯科治療に使われていました。しかし時にお茶碗も割れてしまうように、昔のセラミックは割れたり欠けたりしやすいというデメリットがありました。

そこできれいな見た目と強度を持ち合わせたセラミックが必要となり、長年研究されてきました。近年、セラミックの強度が格段に上がる製法「E-max」が開発され、さらに新しいセラミック「ジルコニア」が歯科治療でも使用できるようになりました。

 

天然歯よりきれいな歯に?「E-max」とは

 

「E-max」とは、ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分としたセラミックの種類で、簡単に言うとガラスの仲間です。それ故「E-max」は透明度が高く、色調がとてもきれいです。天然歯と同じかそれ以上にきれいな色調を再現できるほど審美性に優れているため、主に前歯の治療に使用することが多いです。もちろん奥歯にも使用できます。

※お口の環境には個人差があるので、使用を希望される際は担当医とご相談ください。

また、表面が滑沢なので汚れや細菌がつきにくく変色がほとんどないというメリットもあります。強度も天然歯よりE-maxのほうが高いとされています。mpa(圧力に対する強さ)の指標は次のとおりです。

せたがや歯科室|歯科医師ブログ|きれい、丈夫、メタルフリーな白い詰め物「E-max」とは|E-maxのイメージ画像

 

とは言え、圧力には強くても、衝撃的な力が加われば割れることもあります。歯科材料にはそれぞれ特徴があるので、使用する際は歯科医師にご相談ください。

せたがや歯科室は法人グループで提携している歯科技工所があるため、歯科材料を他院より安価でご提供できる強みがあります。

歯科治療で金属を口の中に入れることが不安な方、白くて丈夫な素材で治療したい方は、松陰神社前の歯医者、せたがや歯科室にお気軽にご相談ください。

 

こちらのページも併せてご覧ください。
セラミック・ホワイトニング|治療メニュー|せたがや歯科室