【症例】銀歯をジルコニアに交換して自然な見た目に

【症例】銀歯をジルコニアに交換して自然な見た目に

治療内容

保険診療で治療した銀歯をジルコニアへ交換

期間

2週間

治療回数

2回

費用

1歯88,000円(税込)×4本
合計352,000円(税込)

治療前の状態・主訴

せたがや歯科室|歯科衛生士ブログ|【症例】銀歯をジルコニアに交換して自然な見た目に|治療前画像

患者様は50代の男性の方です。「銀歯を白いものに変えたい。」とのことでご来院されました。

見た目を良くしたいことに加え、以前から古い銀歯の下で虫歯ができて再治療をして、の繰り返しで、虫歯が進行しないうちに治療することをご希望されました。

治療詳細

銀歯を取り除くと、大きな虫歯はありませんでしたが、小さな初期の虫歯がありましたので、除去しました。

神経近くまで虫歯が進行していた場合は、一度仮蓋をして時間を置くことがありますが、今回は神経近くまで到達した虫歯はありませんでした。痛みが出る可能性は低いと考え、同日に型取りまでを行いました。

その後2週間お時間を頂き、ジルコニアの詰め物を作製、装着しました。

治療後の様子

せたがや歯科室|歯科衛生士ブログ|【症例】銀歯をジルコニアに交換して自然な見た目に|治療後画像

セット直後の数日は冷たいものを飲んだ際にしみる症状が出ましたが、すぐに落ち着きました。

その後は違和感もなく、お食事も問題ないとのことで、患者様はとても満足されています。

主な副作用・リスク

・ジルコニアは自由診療です。

・元々入っている詰め物や歯を削りますので、一時的にしみるなどの症状が出ることがあります。

・虫歯の深さによってはしみる症状が長く続いたり、神経を抜いたりする必要があります。

下の奥歯でも見た目の印象を良くするため、健康のためにメタルフリー素材がおすすめです

意外なことに、奥歯であっても下の歯は日常生活で人の目に付きやすいものです。銀歯から白い詰め物に変えることによって、印象を大きく変えることができます。

見た目を綺麗にする意味でもジルコニアはおすすめですが、お口の健康の事を考えるとジルコニアに加え、セラミックなどのメタルフリー素材がおすすめです。

お口の中は常に濡れており、さらに、飲食により冷たいアイスから熱いお茶まで(氷点下〜約70℃)にさらされることを考えるとかなり過酷な環境ですよね。そんな環境の中に銀歯(成分は銀やパラジウムなど)を入れておくと、溶けてアレルギーの原因になったり、それが歯茎に付くとタトゥーのように黒ずんだりする原因にもなります。

銀歯が溶け、歯と銀歯の間に隙間ができて、そこから虫歯菌が入るとまた虫歯にもかかってしまいます。

ジルコニアの成分は二酸化ジルコニウムですので、銀歯と違って劣化しづらく、アレルギーも起こしづらい素材になっています。

当院にはジルコニアやセラミックといった様々な材料の見本もございます。少しでも気になる方は歯科検診やクリーニング、ご相談だけでも構いませんので、お気軽にお声がけ下さい。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

せたがや歯科室 歯科医師 岩田

 

こちらもご参照ください。

セラミック治療・ホワイトニング|せたがや歯科室

歯周病治療|せたがや歯科室