妊婦さんと歯周病について

妊婦さんと歯周病について

 

こんにちは!

歯科衛生士の川音です(^^)

 

今日のブログは

「妊婦さんと歯周病の関係」

についてお話ししていきます\( ˆoˆ )/

 

みなさんは、「妊娠性歯周炎」という言葉をご存知ですか??

 

妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が増加するとともに、妊娠中特有の歯周病菌が増殖します。これらのことにより

 

歯茎が赤くなる

腫れる

歯茎から出血する

 

このような症状が起きることがあります。

これを「妊娠性歯周炎」と呼びます!

 

さらに、つわりによって歯磨きが困難になったり、食事の回数や嗜好の変化が起こったりすることで、プラーク(歯垢)がどんどん蓄積してしまい、歯茎からの腫れや出血に繋がることも多いのです(*_*)

 

ですが、これらの症状は出産後ホルモンバランスが落ち着くと改善します。

 

症状が起きても母体にストレスのかかりにくい安定期に歯周病の治療を行い改善が認められたケースも多く、悪化を防ぐことも可能です!

 

とは言っても、妊娠中の辛い時期にこのような症状が起きてしまうと妊婦さんにとっては大変なストレスになります(;_;)

なるべくリスクを減らすため、妊娠前から口腔環境を良好に保つための正しい歯磨きと定期的な歯科検診やクリーニングをしていくことが重要です!!!

 

大変なことの多い妊娠中、なるべく快適に過ごすためにもお口の健康管理を家族みんなでしていきましょう!

 

2弾では妊娠性歯周炎における胎児への影響についてお話ししていきます(^^)!