当医療法人のウィルス対策と今…

当医療法人のウィルス対策と今後について

皆様お久しぶりです

現在日本含め、世界的に例をみない感染症との戦いを強いられています。
ストレスも多く、耐える日々が続いております。

当医療法人としても今回の騒動に対しどのよう対応していくのかを法人内でも話し合いをしてまいりました。


歯科治療はもともと外科から派生しており、お薬などの処方で対応できるケースは少なく、ほとんどのケースで、細菌感染を起こしている部位に対し直接的にアプローチし、原因を取り除き完治を目指す治療になります。
 
今回の騒動以前より、徹底したリスク管理をおこない患者様ごとの使用器具の滅菌、ユニット及び待合室のアルコールの消毒、空気清浄機の使用を行ってまいりました。
また、患者様ごとのグローブの交換や手洗いもスタッフにも徹底をしております。

新型コロナウィルスの感染力に関しては通常のウィルスの感染力に比べ強く、今回新たに当院では以下の様な対策をとらせていただくこととなりました。
院内の換気、待合室、及びトイレ、診療室の入り口などをこまめにアルコールで消毒、受付にて指手消毒のお願い、体調が不良有無の確認を受付にてさせていただいております。



さらに診察券提出時に今後、非接触型の体温計で検温の実施を検討させていただきます。37度5分を超える発熱をされている患者様は大変申し訳ありませんが診察をお断りさせていただくことがあります。

全てのスタッフが帽子、ゴーグル及びマスクを着用をして診療に当たらせていただきます。

感染者及びスタッフの家族などに感染者が出た場合などは急遽休診となる場合があります。

現在メンテナンスの予約に関しては予約数をこちらで管理させていただきながらの診療とさせていただき患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

歯科の疾患は死に直結するものでは無いので緊急性は無いとは昨今マスメディアなどで言われてはおります。
しかし、口腔内の不調和やお食事の取りずらい状態はご自身が思っている以上に全身状態にも影響を与えます。

皆さんのお口の中の健康を少しでも維持していけるようスタッフ一同努めてまいります。

何か気になることありましたらいつでもご相談ください。

不安定な日々が続きますが皆様無理せずお体ご自愛ください。
 
せたがや歯科室 吉竹