虫歯の進行ステップ

虫歯の進行ステップ

こんにちは、せたがや歯科室です。

今回は虫歯のレベル(ステージ)についてお話します。

虫歯のステージには5段階あります。

初期の段階では症状は出にくくそのため

痛みが出た時には虫歯が深くまで進行しています。

虫歯になった部分はどのようにして治すのか?

歯を削って除去するしかないのです。

それでは虫歯のレベルについてお話します。

Co(虫歯の前段階)

虫歯の原因菌が作り出す酸によって

歯が溶かされ始めた段階です。

この段階では唾液の力で再石灰化により元に戻ります。

C1(エナメル質の虫歯)

虫歯がエナメル質にとどまり象牙質に達してない段階です。

エナメル質には神経が無いので痛みはありません。

この段階では患者さんの虫歯リスクにより

歯ブラシなど清掃指導とフッ素塗布を行い経過観察するか

その部分のみ削って詰め物をするといった

比較的簡単な治療で終わります。

C2(象牙質の虫歯)

虫歯が進行して象牙質に達した状態です。

神経には達していませんが

象牙質からは神経に刺激が伝えられるため

冷たいものがしみたり痛みが出たりすることがあります。

治療は虫歯の部分を削って詰め物をすることで

歯を修復します。

C3(神経まで進行した虫歯)

虫歯が神経に達した状態で、強い痛みが生じ

冷たいものや暑いものがしみます。

治療は神経をとり、歯の根をきれいにする治療をします。

C4(虫歯が進行して根っこだけになった状態)

虫歯が進行し歯の頭がなくなって根っこだけの状態です。

通常この状態では神経は死んでいて痛みを感じません。

治療は保存できる場合は根っこの治療をします。

困難なケースは抜歯が必要となります。

なので歯医者で「痛い」「怖い」というイメージを

作らないためにも日頃のセルフケアや定期的に

クリーニングを受けることが大切になります。

皆様のお口の健康を松陰神社駅前の歯科医院

せたがや歯科室がご相談をお受けします。

お気軽にお問い合わせください。