虫歯菌について

虫歯菌について

こんにちはせたがや歯科室です。

11月に入り今年も残りあとわずかですね。

寒い季節が訪れ体調を崩しやすくなっております。

皆さまくれぐれもご自愛ください。

さて、今回で虫歯シリーズは最後になります。

ここまで虫歯について色々お話しましたが

そもそも「虫歯」とは??

原因となる細菌(ミュータンス菌など)が作る酸によって

歯が溶かされてしまう病気のことです。

虫歯菌は糖質(ショ糖)をエネルギー源として

歯を溶かす酸を作ります。

そのため磨き残しにより「プラーク」がたまったり

砂糖の摂取量、回数が多かったりすると

虫歯菌の活動が活発となり虫歯になってしまいます。

皆さんは「プラーク」という言葉を知っていますか?

「プラーク」とは歯にくっつく黄白色の粘着性の塊のことで

それを「食べかす」と思われてる方がいるかもしれません。

虫歯菌はプラークの中に1億もの菌がいると言われています。

なので「プラーク」=「菌」であって

「プラーク」=「食べかす」は全く別ものです。

プラークは日々の生活の中の歯磨きで取り除くことができます。

それには正しくブラッシングを行うことが大切で

虫歯予防をするには正しいブラッシングが必要なのです。

磨きにくい箇所にはプラークがたまりやすく

虫歯リスクは高くなります。

「噛み合わせの溝」、「歯と歯茎の間」、「歯と歯の隙間」

これらの箇所に合わせた歯ブラシや歯間ブラシなどを

正しい方法で使用することが大切です。

一生使うご自身の歯はご自身で守らなくてはなりません。

その方法を私たちが少しでもお伝えできたらと思います。

皆様のお口の健康を松陰神社駅前の歯科医院

せたがや歯科室がご相談をお受けいたします。

お気軽にお問い合わせください。