小さな虫歯治療

小さな虫歯治療

こんにちは、せたがや歯科室です。前回までは虫歯の進行ステージや

虫歯になるメカニズムについてお話してきました。

今回からその虫歯をどう治していくのか

何回かに分けてお話していきたいと思います。

虫歯になった歯は削らないと進行を止められません。

そして削った歯は元に戻らないので人工物で補わなければ

物が詰まったり、磨き残しでまた虫歯が出来てしまいます。

また虫歯にならないように詰め物をする必要があるのです。

虫歯は進行によって大きさがあります。

大きさによって人工物の範囲も種類も変わってきます。

今回は小さな虫歯が出来た時の治療についてお話していきます。

もし小さな虫歯ができてしまったら虫歯を削って銀歯を詰めると

思っている方がいるのではないでしょうか??

日本以外の先進国では以前から虫歯治療には

銀歯を使用しないのが一般的です。

何を詰めるのかというと

CR(コンポジットレジン)と呼ばれる白い詰め物を詰めます。

日本でも虫歯治療の詰め物の第一選択肢がCRになってきました。

ただCRには適応範囲があります。

CRで詰める面積が大きいと詰めた物の縮み具合が大きく

詰めた境から虫歯になるリスクが大きくなります。

その場合は型を取る従来の治療となります。

歯科材料はそれぞれいい面と悪い面があります。

CRの特徴として

〈メリット〉

治療が短期間で済む、歯の色に近い、削る量が最小限

金属アレルギーの心配がない、保険診療が適応できる。

〈デメリット〉

変色する、経年劣化する、定期的に再治療が必要

歯の状態によってできない場合がある。

治療方法は担当医の判断によって使用する材料など決めます。

もちろん患者さんと相談した上で治療させて頂きます。

わからないことなどは仰って下さい。

皆様のお口の健康を松陰神社前の歯科医院

せたがや歯科室がご相談をお受けいたします。

お気軽にお問い合わせください。

 

instagram【@setagaya_shikashitsu】

Twitter【@setagaya_DC】