口腔外科

親知らずが痛い~口腔外科~

親知らずが痛い~口腔外科~

「顎に違和感がある?」「親知らずが痛い!」などのお口のお悩みは、松陰神社前駅のすぐ近くにある歯医者「せたがや歯科室」までご相談ください。当院は、親知らずの抜歯や顎関節症治療などの口腔外科治療にも対応しています。

※一部公的保険が適用されない治療があります

親知らずとは?

親知らずとは?

永久歯がすべて生えそろったあとに、奥歯のさらに奥に生えてくる歯のこと「親知らず」と呼びます。親の手を離れたころに生えてくるから「親知らず」というわけです。骨格の差によって生えない人もいますし、生える人でもそのタイミングには個人差があります。

実はこの親知らずは、かつて通常の奥歯として使われていました。しかし現代人は顎が小さくなったため、横向きに生えたり、斜めに生えたりすることが増え、それによって痛みなどのトラブルを生じるケースが多くなってきたのです。

正しい向きに生えない場合は汚れが蓄積しやすくなり、むし歯や歯周病のリスクを高めます。また、歯並びを乱すこともあるため抜歯が必要になるケースも少なくありません。抜歯の要・不要、また抜歯のタイミングはお口の状態や患者さんによって異なりますので、親知らずが気になっている方はぜひお早めにご相談ください。

抜歯するかどうかの目安

抜歯するかどうかは、患者さんお一人おひとりのお口の状態に合わせて判断しなくてはなりません。ただ、以下の点は判断の目安となりますので、親知らずが気になっている方は一度チェックしてみてください。

抜歯が必要なケース 抜歯しなくても良いケース
抜歯が必要なケース 抜歯しなくても良いケース
  • 親知らずの一部が歯ぐきに埋まっている
  • 手前の歯を圧迫し、歯並びを乱している
  • 歯みがきが行き届きにくくなっている
  • 親知らずの周囲が、むし歯や歯周病になっている
  • 正しい向きに生えていて、通常の奥歯と同様に問題なく使えている
  • 周囲の歯に、特に悪影響を与えていない
  • 歯みがきを問題なく行うことができる

顎関節症について

口腔外科では、顎関節症の治療も扱います。顎関節症とは、噛み合わせの癖やストレスなどが原因で顎関節に不具合が生じてしまう疾患です。口を開けたり閉じたりするときに「カクカク」という音が鳴ったり、口を大きく開けづらいなどの症状が出たりしている場合には、顎関節症が疑われます。症状が悪化すると頭痛、肩こりといった全身症状にもつながるため、なるべくお早めにご相談ください。

親知らずや顎の痛みでお悩みの方は、
ぜひお気軽にご相談ください。「診療予約」はこちらから