矯正歯科

きれいな歯並びで健康と美しさを手に入れましょう~矯正歯科~

きれいな歯並びで健康と美しさを手に入れましょう~矯正歯科~

お口の中のトラブルというと、多くの方がむし歯や歯周病といったお口の病気をイメージされると思います。しかし、噛み合わせもまた、お口の健康に関わる大切な要素です。噛み合わせや歯並びの乱れは、見た目だけではなく全身の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。

松陰神社前駅から歩いてすぐの場所にある歯医者「せたがや歯科室」では、患者さんのお口の状態やご要望に合わせた矯正歯科治療を行っています。見た目の美しさはもちろん、全身の健康のためにも、歯並び・噛み合わせで気になることがあれば、ぜひお早めにご相談ください。

※一部公的保険が適用されない治療があります

噛み合わせが悪くなる原因

噛み合わせが悪くなる原因

たとえば「むし歯治療の詰め物が少しだけ高かった」「頬の内側に口内炎ができた」といった些細なことも、噛み合わせが乱れる原因となります。噛み合わせは、無意識のうちに変わってしまうことがあるのです。

また、うつぶせ寝、歯ぎしり、食いしばり、頬づえなど、お口に力をかけるような習慣から噛み合わせの乱れが生じることもあります。さらには、常に足を組んでいるといった斜め座りの癖が、噛み合わせがずれにつながることも考えられます。

噛み合わせの悪さは身体全体に影響を与えます

歯並びや噛み合わせの乱れは見た目の問題だけでなく、以下のようなさまざまなお口・心身のトラブルを招く可能性があります。

  • 見た目が気になり、コンプレックスとなってしまう
  • 歯ブラシが行き届きにくくなり、磨き残しが増えてむし歯、歯周病のリスクが高まる
  • 歯と歯のすき間から空気が漏れ、不明瞭な発音につながる
  • 咀嚼が不十分なまま食べ物を丸飲みしてしまい、消化器官に負担がかかる
  • 顎の位置が歪んだり、顔全体のバランスが崩れたりする
  • 顎関節の歪みが肩、首の筋肉への負担につながり、全身のバランスにも悪影響となる。その結果、肩こりや頭痛などを引き起こす可能性がある

不正咬合の種類

歯並び・噛み合わせの乱れには、以下のようなものがあります。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が前に出ている、もしくは下顎が後退している状態です。

反対咬合(受け口)

反対咬合(受け口)

上下の歯を噛み合わせたときに、下の歯が上の歯にかぶさる状態です。

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

歯と歯が重なり合うように生えていて、歯並びにでこぼこがある状態です。

開咬

開咬

奥歯を噛み合わせても、前歯が噛み合わずに上下の前歯に隙間が生じる状態です。

過蓋咬合

過蓋咬合

歯を噛み合わせたときに上の前歯が下の前歯を覆い、下の前歯がほぼ見えなくなる状態です。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に隙間が生じている状態。顎の大きさにくらべて歯が小さい場合、歯の数が少ない場合などに起こります。

交叉咬合

交叉咬合

上下の奥歯が横にずれていて、反対に噛み合っている状態です。身体の正中線がすれている場合などに起こります。

器具が見えにくい矯正~マウスピース矯正~

器具が見えにくい矯正~マウスピース矯正~

当院は、金属アレルギーの心配がなく、矯正装置が目立たないマウスピース矯正に対応しています。

マウスピース矯正のメリットをご紹介します
装置が透明で目立たない
矯正のために装着するマウスピースが透明なため、外からは矯正していることがわかりにくく目立ちません。
メタルフリー
金属製のワイヤーなどを使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。
仕上がりを画像で予測・把握できる
3次元治療計画ソフトウェアを使用して完成までの歯の移動をシミュレーションし、治療開始から完了に至るまでの途中経過や仕上がりのイメージを正確に把握することができます。
取り外し可能
マウスピースはいつでも自分で取り外せるため、装置や歯のお手入れが楽です。食事や人前に出るときなども自由に取り外せるので、矯正治療のストレスを軽減できます。
治療中の痛み・違和感が少ない
マウスピースで少しずつ歯を動かすため、痛みはあまり感じません。またマウスピースの表面がツルツルしていて滑らかなため、舌やお口の中を傷つける心配もありません。
発音・会話の妨げにならない
装着中の違和感が少ないため、発音などに支障をきたすことはありません。
デメリットも理解しておきましょう

装置を自由に取り外せることはマウスピース矯正の大きなメリットですが、その分、自己管理がとても重要な矯正治療でもあります。治療計画通りに歯を動かすためには、食事や歯みがきのとき以外は常にマウスピースを装着する必要があります。しっかりと歯を動かすために、目安として1日20時間の装着が必要です。

矯正治療の流れ

【1】初診相談
矯正専門医による矯正相談を行います。矯正治療に関する不安やご質問など、この機会に何でもお聞かせください。専門医が丁寧にご説明いたします。
【2】精密検査
口腔内を診査し、レントゲン撮影・口腔写真撮影・型取りなどを行います。取得した口腔データを元に精密な検査・分析・診断を行い、治療計画を立てます。
【3】装置製作(マウスピース矯正の場合)
検査データ及び治療計画に基づき、各ステージで使用するマウスピースを一括製作します。
【4】治療開始
マウスピース矯正の場合
食事と歯みがきの時間を除き、1日20時間以上マウスピースを装着していただきます。約2週間ごとに次の治療ステージのマウスピースに交換していくことで、ゆっくりと歯並びを整えていきます。治療開始後は2~3ヶ月に一度通院していただき、経過確認を行います。
マルチブラケット装置を使用する場合
歯みがき指導やクリーニング等を行い、むし歯予防に配慮した上で装置を装着します。装着後は月に1度通院していただき、歯の動きを確認します。
【5】治療終了
装置を取り外します。マウスピース矯正の場合は、装着をやめます。
【6】保定期間
治療した歯並びが後戻りしないように、保定装置を装着します。保定期間は症例により異なりますが、通常1年~2年程度です。

矯正歯科における自費診療料金(※保険適用外)

内容 価格(税抜き)
カウンセリング 2,000円
検査・診断料 30,000円
混合歯列期の矯正 350,000円
ワイヤー矯正 600,000円
インビザライン 800,000円
舌側矯正(片顎) 1,100,000円
舌側矯正(全顎) 1,300,000円
矯正治療終了後の後戻りを防止する装置 30,000円
月に1度(インビザラインの場合は2~3ヶ月に1度)の調整 1回5,000円
カウンセリング 2,000円
検査・診断料 30,000円
混合歯列期の矯正 350,000円
ワイヤー矯正 600,000円
インビザライン 800,000円
舌側矯正(片顎) 1,100,000円
舌側矯正(全顎) 1,300,000円
矯正治療終了後の後戻りを防止する装置 30,000円
月に1度(インビザラインの場合は2~3ヶ月に1度)の調整 1回5,000円