【症例】銀歯を白いジルコニアに変えて目立たない見た目に

【症例】銀歯を白いジルコニアに変えて目立たない見た目に

治療内容

セラミック治療

期間

2週間

治療回数

2回

費用

1歯88,000円(税込)×2本 合計176,000円(税込)

治療前の状態・主訴

せたがや歯科室|歯科衛生士ブログ|【症例】銀歯を白いジルコニアに変えて目立たない見た目に|治療前画像

患者様は40代男性の方です。銀歯の色を気にされ、ご来院されました。

以前に治療してから材料は古く経年劣化しており、歯と詰め物の繋ぎ目の合い具合が悪くなっていました。また、患者様は日頃歯ぎしりをされており詰め物の材料に強度が必要でした。患者様としっかりと相談し、周囲の歯と色の調和がとれてかつ耐久性に優れているジルコニアによる詰め物の治療を行うことにしました。

 

治療詳細

せたがや歯科室|歯科衛生士ブログ|【症例】銀歯を白いジルコニアに変えて目立たない見た目に|治療後画像

古い材料を除去し形をきれいに修正してから、詰め物の型取りをしました。

銀歯はジルコニアと違い経年劣化する材料なので、劣化した銀歯と歯質の間に隙間ができ、その隙間に虫歯ができやすいという特徴があります。

今回もわずかに劣化した隙間に虫歯ができていたので、虫歯の処置も行いました。

治療後の様子

現在患者様は治療が終わり4ヶ月に1度のメンテナンスで経過をみています。噛み合わせや詰め物の状態が良好でとても満足されています。患者様は歯ぎしりもあったので、歯を守るためにマウスピースを夜寝ている時に使用していただいております。

今後も引き続き定期検診でフォローしていきます。

 

主な副作用・リスク

・ジルコニアは自由診療です。

・歯の状態によって治療が困難な場合があります。

・予後を完全に保証するものではありません。

・詰め物が馴染むまでしみる症状や噛むと痛むことがあります。

詰め物の変更で色々なメリットを

今回の症例は金属の見た目を白い歯へシンプルに変える治療でした。銀歯はジルコニアと違い経年劣化する材料なので、劣化した銀歯と歯質の間に隙間ができ、その隙間に虫歯ができやすいという特徴があります。また銀歯は唾液によって溶け出して、金属イオンとなり体内を巡り、アレルギー反応を起こすこともあります。

比べて、ジルコニアは見た目の改善だけではなく、汚れがつきにくいので虫歯予防、歯周病予防にもなります。ジルコニアは金属と比べて1/3の重さしかないので顎や筋肉の負担を軽減することも可能で、健康面でも優れた材料です。

詰め物一つ変えるだけでもこのように多くのメリットがあります。また今回の患者様とは、マウスピースによる力のコントロールと咬み合わせの確認を今後もしっかりと定期的に行っていきます。

 

当院では患者様に治療の必要性を理解していただき、丁寧な説明を行って納得していただいた上で治療を行っています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

せたがや歯科室 歯科医師 山本

こちらもご参照ください。

大きな詰め物に使う「銀歯」メリットとデメリット|せたがや歯科室

セラミック治療・ホワイトニング|せたがや歯科室