【症例】咬合面のみのインレーを除去してコンポジットレジンで修復

【症例】咬合面のみのインレーを除去してコンポジットレジンで修復

治療内容

二次う蝕の治療(コンポジットレジン充填)

期間

1日

治療回数

1回(30分)

費用

保険適応

治療前の状態・主訴

症例の患者様は定期検診で来院されました。

検診の際に、症状はないが右下第一大臼歯にインレー(詰め物)の二次う蝕があったので治療を行いました。

治療詳細

そのまま治療を行うと痛みがあるため、麻酔をしてから治療を開始しました。

インレーを除去して、虫歯を除去しましたが、隣の歯とぶつかる面を含んでおらず、虫歯の大きさもそこまで大きくなかったため、型取りをして作成するインレー(詰め物)ではなく、直接修復するコンポジットレジン(口腔内で使う治療用の光で固まるプラスチック 以下レジン)を選択しました。

治療後の様子

松陰神社前 せたがや歯科室|ブログ|【症例】咬合面のみのインレーを除去してコンポジットレジンで修復|治療後

特に問題なく、患者様は見た目にも満足されていました。

主な副作用・リスク

・咬合面のコンポジットレジンは破折のリスクがあります

・インレーを除去するため、多少なりとも天然歯を削ります

・治療後にしみやすくなる事があります

<コンポジットレジンはすべての症例に使えるものではありません>

咬合面のみの虫歯の場合、昔はインレーにするケースが多かったのですが、最近はコンポジットレジンで修復を行う事も増えてきました。それは、コンポジットレジンのの物性が昔に比べて良くなった事が最大の要因です。
しかし、すべての症例に対してインレーなどの銀歯ではなくコンポジットレジンが使えるかと言われると決してそうではありません。むしろコンポジットレジンが使えるケースはまだ限定的です。

確かに昔に比べれば物性は良くなったのですが、まだ遥かにセラミックはもちろん金属の方が硬いです。そのため隣の歯とぶつかっている面を含む場合や、咬合面にだけの虫歯であっても、虫歯の範囲が広い場合や噛み合わせによってはコンポジットレジンを選択しない事も多いです。

今回の症例を見て銀歯をコンポジットレジンにやりかえられる、とは思わないでいただきたいです。それは、基本的に銀歯になっているケースはそれなりの理由があるためです。

また今回の症例は、審美のための治療ではなく、あくまで咬合面のインレーが二次う蝕になっていたため保険でコンポジットレジンで修復を行った治療である事も理解いただきたいです。

 

二次う蝕が発見できたのは患者様が定期的に検診にこられていたからです。
早めに発見できたため、コンポジットレジンでの修復か可能でした。
そのまま放置していたら、神経の治療が必要になるまで悪化していた可能性もあります。

松陰神社前のせたがや歯科室では、予防専用ルームを設けて検診やメンテナンスを行っています。患者さんが積極的に通ってくださるような医院づくりを心がけ、皆様のお越しをお待ちしています。
一緒に歯を守っていきましょう。

 

せたがや歯科室 歯科医師 大久保

こちらもご覧ください

予防|松陰神社前 せたがや歯科室
一般歯科・根管治療|松陰神社前 せたがや歯科室